狭小住宅のプロデュースを専門とする(有)スモールハウスの代表による狭小住宅仕事日記。
狭小住宅に関する日々の仕事内容を思いつくまま綴ります。

【12/17】約17坪の敷地に木造3F「弦巻の住宅/I邸」オープンハウスのお知らせ!

皆様、こんにちは。
2017年12月17日(日)、「弦巻の住宅/I邸」オープンハウスが開催です。
木造3F、敷地16.5坪、延床20.9坪の細長狭小住宅になります。

設計担当:設計工房 久保宗一
施工:株式会社 創空プロジェクト

参加希望者は住所・氏名・TELを明記の上、メール又はTEL(03-5377-0524)にて、お申込みください。
折り返し、現地地図など、お知らせ致します。

■日時:2017年12月17日(日) 13:00~17:00
■場所:田園都市線「桜新町駅」徒歩圏内
■締め切り:2017年12月16日(土)

では、ご参加お待ちしております。

| 2017/12/10 15:34 | オープンハウス | この記事のURL |

超狭小住宅プロジェクト「The keep(砦)」(第4回目)

皆様、こんにちは。
12月最初のブログになります。
昨日、設計工房にて久保氏と3回目の打ち合わせがありました。

4坪の敷地で、デザイン、価格、間取りのどれを取っても過去に類のない超狭小住宅The keepですが、今回は1階部分の玄関扉、棚のサイズと材質、シャワールームの扉、2階部分のシンクとIHコンロのシンプルな組合せなど主要設備の決定でした。
では、断面図と立面図をご覧ください。

凄いですね、窓は外部から見える部分が1か所のみです。
まさに、砦になります。

では、また次回をご期待ください。

超狭小住宅プロジェクト「The keep(砦)」(第3回目)

皆様、こんにちは。
11月3回目のブログです。

敷地10坪以下(なんと4坪)にてかつてないデザイン・施工を目指しますTHE KEEP(砦)ですが、今回は2階及びロフト部分のラフプランをご覧ください。

2階ですが、すごいですね。
床全部がグレーテイングで仕上げております。
これで、トップライトからの光が一気に1階まで降りそそぐことになるわけです。
ロフトもしっかり取っております。
その上、吹き抜け部分が、これも楽しい空間になりそうですね。

本日はこの辺まで。
また次回をご期待ください。

新規狭小住宅「弦巻の住宅/I邸」内部工事進行中(階段・吹き抜け)

皆様、こんにちは。
11月も中旬、東京も朝晩冷えておりますが、いかがでしょうか。

さて、弦巻の住宅も、内部工事が順調に進んでおります。
本日は、階段と吹き抜けの明るい空間が出現ですね。

このまま行くと、12月中に完成、オープンハウスも視野に入りそうです。
では、写真をご覧ください。

| 2017/11/17 14:16 | 狭小住宅 | この記事のURL |

超狭小住宅プロジェクト『the Keep(砦)』がスタートです!(第2回目)

皆様、こんにちは。
11月第1回目のブログになります。

先月お知らせした阿佐ヶ谷の4坪敷地にてのプロジェクト名が決まりました。
その名も、超狭小住宅プロジェクト『the Keep(砦)』と命名です。

砦という通り、外壁は木の素材感が丸出しで、窓もほとんどございません。
本日はラフプランですが、1階部分をご覧ください。

北側から入り、床はモルタル仕上げですっきりした感じになります。
ここが新しいスモールハウスの拠点になると思うとわくわくします。

設計担当の設計工房・久保宗一氏、いつものパターンですね。(笑い)
では、次回をお楽しみに。

ページトップへ