狭小住宅のプロデュースを専門とする(有)スモールハウスの代表による狭小住宅仕事日記。
狭小住宅に関する日々の仕事内容を思いつくまま綴ります。

世田谷区中町5丁目「未公開狭小住宅プロジェクト」最高のプランが出来ました!

皆様、こんにちは。3月最初のブログになります。

4月より売出し予定のスモールハウス所有の未公開狭小地物件(世田谷区中町5丁目、57㎡台(17.3坪)の細長狭小地)ですが、狭小住宅のエキスパートである設計工房・久保宗一氏の最高のプランが出来あがりました。

木造2階でロフト付き、敷地の高低差を利用したスキップフロアが、ピタリと当てはまります。
延床で70㎡台は取れております。車庫付き。
ここで、土地+建物(設計費込み)諸経費込で、なんとトータル4,700万台より、検討しております。

ご興味ある方は、いつでもご連絡ください。

>世田谷区中町5丁目狭小住宅プロジェクトプラン(PDF)

世田谷区中町5丁目、57㎡台(17.3坪)の細長狭小地のプラン

新規狭小住宅「神宮前ハウス」ほぼ完成、内部写真です

新規狭小住宅「神宮前ハウス」ですが、ほぼ完成となりました。

お引渡しを控えて、内部写真をご覧ください。
スキップフロアーに至る、階段など、特徴が見受けられますね。

スキップフロアーに至る階段

| 2019/02/18 13:51 | 狭小住宅 | この記事のURL |

なんと、スモールハウス登録建築家4名が登場です!

皆様、こんにちは。
2月も中旬、まだまだ寒さが続いておりますが、風邪にはご注意ください。

さて、本日のお知らせですが、2月1日発売のモノマガジン情報号:タイトル「Tiny house 小さな家のものがたり」特集号にて、なんとスモールハウス登録建築家が、総勢で4名も登場しております。

登場順は、

設計工房:久保宗一氏
SSIDE1級建築士事務所:糸井氏
アトリエハコ建築設計事務所:七島・佐野氏
充総合計画:杉浦 充氏

以上ですが、それぞれの建築家の特徴が記事となり、紙面を通して感じられます。
ぜひ書店にて、ご覧ください。

モノマガジン情報号:タイトル「Tiny house 小さな家のものがたり」特集号

| 2019/02/14 15:11 | マスコミ関連 | この記事のURL |

世田谷区中町5丁目「未公開狭小住宅プロジェクト」始動!トータル価格4,700万台

皆様、こんにちは。
スモールハウス未公開狭小地情報、第2弾。世田谷区中町5丁目狭小住宅プロジェクトがいよいよ始動です。(建築条件つき)

〇敷地面積:57.41㎡(17.38坪)
〇現況:更地
〇道路付け:北、南側公道に2面接道
〇地形:細長うなぎ寝床地、間口3.4~3.7m、奥行13m台
〇用地地域:第1種低層がメインで、第1種中高層もまじる。準防火地域。
〇建ぺい:50
〇容積:100がメイン
〇場所及び交通の便:東急大井町線「上野毛駅」徒歩16分、田園都市線「用賀駅」徒歩18分。南側がすぐ駒沢通りですのでバス便で、恵比須方面も、また、自転車通勤で、代官山、自由が丘方面もすぐです、もちろん車庫も可能です。近隣は静かな住宅街、センスあるデザイナーズ住宅もございます。
〇土地売出し価格:なんと2500万想定です!
〇建物概略:木造2階、ロフト付き予定
〇延床面積:21坪台
〇建物本体価格:1,600万~
〇設計費:270万(税込)諸経費:240万台
〇トータル価格(概算):なんと土地+建物、諸経費込で4,700万台(地盤補強費など除く)
〇売出し予定時期:平成31年4月を検討しておりますが、早いもの勝ちですのでご連絡お待ちしております。

ここ世田谷中町で、素敵な狭小住宅ライフを実現してくだい。

新規狭小住宅「神宮前ハウス」足場が外れました

皆様、こんにちは。2月最初のブログになります。

賃貸メインの「神宮前ハウス」ですが、足場が外れていよいよシンプルでスタイリッシュな外観が現れております。
現在、2月末までに完成を目指して、急ピッチで工事が進んでおります。

神宮前ハウスの外観

| 2019/02/04 13:22 | 狭小住宅 | この記事のURL |
ページトップへ